New entry

鹿の命は短くて

体内時計

下り坂 57   -ひとのふり-

燕岳 20240511

飯縄山 20240505

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2024.04.22

長野マラソン 2024

関門の魔術師

とでも名乗ろうか、という結果だった。

 

コロナ罹患の影響がどのくらいあるのだろうか、、戦々恐々でスタート

を切ったが、あとは脚任せで走るしかない。

が、序盤から、今までの練習で痛くなったことのない箇所が傷み始めたり、

善光寺へと向かう登り坂がすでにキツかったりと、「こりゃダメだ」

と早々に気分が落ち込んでしまった。

 

さあ、こうなってしまったからには、何の楽しみも意欲も湧いてこない。

ただ、脚まかせで淡々と、km表示のラップを取ることだけに集中して

会社前へ。

スペシャルドリンクを同期入社の平出くんからもらって、第一の鬼門

五輪大橋の登りもだらだらと、神が保証してくれる25kmへ。

 

25kmすぎ、最終5時間ペースランナーに追いつかれた。

すでに神に見放されているので、ここからは人間を頼りに、とすでにキツく

なっていた脚に始めて命令してついていった。

まあ、それも30kmまで。

30kmからはだれも助けてくれない、地獄の一丁目一番地

34kmの関門を6分前で通過、ペースは失速、でまたしても関門通過の時間を

計算しながら走る羽目になった。

かと言って、ペースはもう上がらない。

手前給水所で歩きながら、39km関門通過が閉鎖2分前

そして、最後の栄光の直線に入る。関門は最後の最後41.1kmにある。

最後という気持ちだろうか、不思議と脚が動き始めてペースをあげて、最終関門

も2分前に通過、でゴール

 

5時間6分35秒でした、と。

まあ、なんとか面目だけは保った。