New entry

鹿の命は短くて

体内時計

下り坂 57   -ひとのふり-

燕岳 20240511

飯縄山 20240505

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2024.04.10

罹患 復帰

火曜日、朝はまだ喉が痛くて食事をとるのも億劫だったが熱もないので

出勤した

 

たんまりと溜まった決済や押印や回覧物を見るだけでも時間を取られる。

最も、社長がいないと仕事が回らないわけではないので、極端に言うと

いてもいなくても会社の仕事は動く、ということになる。

 

そうこうしているうちに、昼食になり、1本満足バー、いつもは1本の

ところ(満足してないが)2本に増やして食べる頃には喉の痛みはかなり

薄れていた。(気持ちが引き締まったほうが回復にはいいかも)

あとは、消化器系が動いていないのが気がかり(3食食べていたが、便が

生成されていない感じがあった)だったが、まあ時間と共に回復するだろう。

体重については、出ない分重くなったかといえば、逆に80kg切るくらいから

78kg前後に、2kg近く減っていた。

それだけコロナ掃討作戦にエネルギーを費やしていたということだ。

 

と、言うことでトレーニングを再開した。

果たして、林くんの体はどれだけコロナに破壊されているか、を図るバロメーター

になるわけだ。

で、今朝走ってみた。(実に9日ぶり)

まあ、はじめは脚は軽かった(休養十分)のだが、徐々に疲労がきて、心拍数

も上がり気味で、結局のところ疲れた、わずか6kmなのに。

 

さあ、長野マラソン大変だ。

どこまで回復するか。