New entry

災害対応 DAY1

前穂ー奥穂 登頂

視察研修 2019

53歳

戸隠トレイルラン2019

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2019.03.27

イチロー

イチロー

愛工大名電高校 背番号1

オリックスバファローズ 背番号51

シアトル・マリナーズ 背番号51

 

イチローについて考えた

何が、彼を突き動かしたのか

なぜ、彼はそこまで高みに至ったのか

人間分析癖がある私としてはまとめておきたい人だ。

 

一言で言うと、    永遠の野球少年    だろうか。

彼の足跡を見ていると、人並みはずれて努力はしているのだろうが、決して

鉄の意志や不屈の精神で歯を食いしばる、、というわけではなく、心底好きな

野球が上手くなりたい、とのめり込んでいるように見える。

そこで、普通の人はどこかでリミッター(制限装置)が働いて頭が余計なこと

(邪念)を考えてしまう=サボる、のだろうがイチローにはこのリミッターが

ないのではないか。

 

生まれ持った身体能力に加えて、人並みはずれた野球への極度の集中力と追求力

これがイチローということか。

 

イチローのこれから

それは本人のみぞ知る、と言ってしまえばそれまでだが、あえて予言すると

かれは一生野球をやり続けるだろうな、と思う。(願望ふくむ)

つまり、彼の人生は野球そのものであると。

というと本人にはそんな大げさなことではないと一蹴されてしまうだろう、

ただ野球が好きなんだからそれでいいじゃないか、というふうに。

 

つまりイチロー= 永遠の野球少年  ということになる。

(うーん面白くない分析だ)