New entry

新春交流会 2024

ユニフォーム忘れた名刺がない

墓碑銘  場を変える

BONSAI便り 20240208

DAY 4 能登

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2016.05.13

人間DOC 2016

定例の人間DOC 結果がきた。

 

人間ドックネタは毎年書いている

2009年 など当初のものは文章も真面目でいいこと書いてる=つまらない

2010年 長野マラソン後の敗北を引きずっている

2011年 走りすぎで身長が縮んだ

2012年 長野マラソン敗因分析=女々しい

2014年 翌日腹が筋肉痛になる程胃カメラでくろうする

2015年 検査服のデザインに文句をいう

 

そして今年。

結果は良好、ただし耳垢が汚い理由でC判定を食らってしまった。

健康に影響があるのか?

 

注目すべきは体組成

2008 81.4kg 23.7%(体重 体脂肪率)

2009 84.5kg 22.6%

長野マラソンを始める

2010 76.3kg 16.8% 4時間6分34秒

2011 76.8kg 16.5% 中止

2012 77.3kg 18.2% 4時間7分37秒

2013 76.1kg 16.0% 4時間12分10秒

長野マラソンに飽きる

2014 80.2kg 20.9% 4時間28分42秒

2015 82.4kg 23.3% 41,1km関門閉鎖

2016 80.0kg 20.7% 4時間54分40秒

 

ということで、マラソンランナー的には肥満体質なのでこの肥満体型では

4時間は切れない。

マラソンランナーの標準体脂肪率は13%

最低でもこれをクリアしなければならない。

 

やはりライザップしかないのである。