New entry

流れ

小布施見にマラソン2018

夏100回

暑中お見舞い

通信不良

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2018.07.12

夏100回

今年も重くて切ない夏が始まっている。

100回目の節目の大会である。

 

我が息子はもうこの舞台には立てないので、どうってことないはずだが、、

やはり夏は重たくて切ない。

 

知り合いの息子が最後の夏を迎えた。

 

ピッチャーは、マウンドではひとりぼっち、だれも助けてくれない。

そこに、

負けるとおしまいという極度のプレッシャー、

伝統校への周囲の期待、親やベンチを外れた選手の願いを背負い、

春先から不調のエースに変わってエースナンバーを背負い、

主将としてチームを背負い、優勝候補に挑んだ。

そして堂々と勝負したが、力及ばなかった。

 

早すぎる夏の終わりだったかもしれないが、彼が得たものは大きかったの

ではないか。

これだけのものを背負った経験は、いつかどこかで、必ず生きてくるはずだ。

 

大きな期待を背負える人間に、、

その大きな一歩を彼は踏み出した。

栄冠は君にかがやく。