New entry

流れ

小布施見にマラソン2018

夏100回

暑中お見舞い

通信不良

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2018.07.20

流れ

高校野球も大詰め、準々決勝が行われた。

松商学園 対 岡谷南高校

松商学園が、いかにエースを温存して次の準決勝、佐久長聖と戦うか、、、

と誰もが予測していたが、まさかの岡谷南高校の勝利となった。

改めて、高校野球は面白いし、恐ろしいなと思った。

 

勝敗を分けたのは一言で言ってしまうと「流れ」だと思う。

140kmの剛腕投手だとか、打率6割を超える強打者、などなどチームの実力を

示すデータは山ほどある。

だが、数字では表わせない、しかも目にも見えない「試合の流れ」というものが

勝負の行方を左右することがある。

この試合、松商学園はエースを温存して2番手投手が先発したが打たれ、3番手

投手がリリーフしたが打たれ1、2回で4点を挙げた岡谷南に流れが一気に傾い

てしまった。

そうこうするうちに、松商学園には「あせり」が出てきてしまって、そのあせりは

チーム全体に伝染していき、ますます流れに抗えなくなってしまった。

この「あせり」も目には見えないがとてもよく感じるもので、周囲への感染力も

強力だ。

 

勝負事は見えないものを見るチカラ、もっと言えば、見えないものを感じて予測する

チカラが勝敗を分ける大切な要素のひとつだと感じた。

 

それにしても、切ない。

 


続きを読む

2018.07.12

夏100回

今年も重くて切ない夏が始まっている。

100回目の節目の大会である。

 

我が息子はもうこの舞台には立てないので、どうってことないはずだが、、

やはり夏は重たくて切ない。

 

知り合いの息子が最後の夏を迎えた。

 

ピッチャーは、マウンドではひとりぼっち、だれも助けてくれない。

そこに、

負けるとおしまいという極度のプレッシャー、

伝統校への周囲の期待、親やベンチを外れた選手の願いを背負い、

春先から不調のエースに変わってエースナンバーを背負い、

主将としてチームを背負い、優勝候補に挑んだ。

そして堂々と勝負したが、力及ばなかった。

 

早すぎる夏の終わりだったかもしれないが、彼が得たものは大きかったの

ではないか。

これだけのものを背負った経験は、いつかどこかで、必ず生きてくるはずだ。

 

大きな期待を背負える人間に、、

その大きな一歩を彼は踏み出した。

栄冠は君にかがやく。


続きを読む

2018.07.4

W杯 ベルギー戦

見ました。

ジムで1時間走り、カラカラに乾いた体にビールを一気飲みして、食事後

仕上げは日本酒1合。

酒の弱い私はこれでイチコロ、9時就寝、2時57分の目覚ましで起床

 

観戦、歓喜、呆然、敗退

 

起きてしまったことを批評するのは面白くないので、例の予言をしてみたい。

惜しかったなーベスト8まであと数十分、次の4年後こそベスト8だ!!!

 

とは思わない。

ベルギーや他の世界レベルとの差を身を以て経験することができたのは大きい

はずだが、その差を埋める道程はそう短時間ではできないと思う。

たとえば

身体能力の差を埋めるために、まずは小学生の段階から身長の高い子の発掘

育成を図っていく必要がある。

やがてその世代がユースから始まりJリーグ、海外クラブと進み、トップチーム

で国際試合に臨む。

そしてW杯の舞台で本気の勝負に挑み、負けて何が足りないかを学び、

次のW杯でその経験を生かして、なんとかベスト8に進出する、、、、

という長大なシナリオが必要だと思う。

 

つまり、真に日本がベスト8の実力がつくのは16年後、2034年のW杯まで

かかる、と予言する。

その頃にはこのブログでの検証もできないだろうけど。

 

2018年ワールドカップ ロシア大会

楽しませてもらった。

次の2022年カタール大会は、予選を全力で突破したのち、本大会は捨てて

若手に経験を積ませたい。


続きを読む

2018.06.29

W杯 ポーランド戦

みました。

そして私の予言(4−2でポーランドの勝ち)は外れました。


続きを読む

2018.05.26

日大のうそ

日大アメフト部のタックルについて

歴史の転換点となりうる出来事なので私なりにまとめておきたい。


続きを読む

2018.05.9

17年

というと十七回忌である。

本当は昨年やらなければならないのだが、単純に忘れていて今年の命日前は

有効期限内ということにして、先日十七回忌を執り行った。


続きを読む

2018.03.28

感想文 ー明治維新という過ちー

明治維新から150年経つ。

明治維新については多くの作劇や司馬遼太郎の小説で理解しているつもりだが、

あくまでもそれは作り話の世界でもあるので、一度明治維新という歴史を違う

角度から見ておくことも必要と思った。


続きを読む

2018.03.22

夢そして情

星野仙一さんを一文字で表すなら「夢」であろう。

 

昨年暮れの殿堂入り祝賀会は欠席してしまったので、せめてお別れはしてこよう

と思った。

星野1001


続きを読む

2018.03.14

部活改革

学校スポーツー部活のあり方について国から指針がでた。

しんぶん5280

つまり、

学期中平日は2時間、休日は3時間程度の活動時間とする

平日1日、土日1日を休養日とする

中学校の部活に対する指針だが原則高校にも適用する。


続きを読む

2018.03.5

卒業式2018

卒業式というと頭の中で自動再生されるのが、

♪ああ、卒業式でー泣かないーとー冷たいひとーと言われそうー(斉藤由貴)

♪春なのーにーお別れですーかー春なのーにーなみだーがこぼれますー(柏原芳恵)

だが、今時の卒業式はノリノリの青春ぽいJPOPで旅立ちを祝う。


続きを読む