New entry

視察研修2018

手帳2019

BONSAI便り1811

偉くなったシリーズ

楠ワイナリー

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2018.11.19

視察研修2018

全国産業資源循環連合会

の全国大会(産業廃棄物と環境を考える全国大会)に

長野県資源循環保全協会の一員として参加してきた。(親団体と微妙に名称が違う)

Iたかい5786

この全国大会実は3団体の共催(あと日本産業廃棄物処理振興センターと産業廃棄物

処理事業振興財団)である。

で、懇親会の挨拶でどちからかの理事長?さん、我々の団体から「サンパイ」の

名称が消えたことにえらく言及をされていて、なんだかこの3団体うまくいっている

のかなあ、といった疑義が生じる雰囲気であった。

 

で、今回は視察研修なので翌日は企業視察へ

金沢といえば悪代官様、ということで

株式会社鶴商 に行った。

加賀悪代官こと宮崎社長とは久しぶりの再会である。

IMつるそ1064

悪代官に変身するのは夜も更けた頃、なので昼間はいたって紳士な対応で

場内を案内していただいた。

Iひろいつる065

6000坪の広大な敷地で、社名の元となった炭に関する事業や、金属資源のリサイ

クルを手がけている。

発想の出発点が「ゴミ」ではないのでこんなに叫ばれる前から資源循環に取り組んで

いる、そしていろんなところに気遣いができる社長さんの性格が反映されての、今の

事業なのだろう。

そんなことを感じながら見学をさせてもらった。

 

もう、悪代官には出会えないのかのしれないなあ。


続きを読む

2018.11.9

偉くなったシリーズ

お前も偉くなったな、シリーズその1(2以降があるかはわからない)

 

私は普段NHKしか見ない。(マツコの知らない、と俳句の毒舌オバサンは特別)

で、「探検バクモン」のはなし。

いろんなジャンルの「裏側」の世界を見られる番組で、「禅 大本山総持寺」に惹か

れて流し見をしていたら、、、ぶっ飛んだ。

爆笑問題らの案内役として登場したのが、

大本山総持寺 単頭 柴田康裕師

だという。

 

ちょっと待て、7番ファースト柴田、元気とやる気だけを買われてレギュラー

に抜擢された柴田か?

送りバントの練習でバットと目を近づけろ!と監督に言われて、近づけすぎて

自分のほっぺでバントしてしまった柴田か?

 

高校の時に、親戚の寺の跡取りになることを決意して改名(多分得度も)して、

その後秋田の山深い寺に行き、年賀状をやりとりするだけだったが、いつのま

に出世したのだろうか。

 

全然変わってないなー、などと一人ニヤつきながら、テレビを見ていたのだが、

柴田師の言動を見ていると、ニヤつけなくなってきた、というかニヤついた自分

が恥ずかしくなってきた。

柴田師は外見は変わっていなかったが、中身は変わった。

修行を積み重ねた賜物であろうか、一本芯の通ったブレない人間になっていた。

 

今度、総持寺にいって座禅でも組んで会いに行ってみようかな。

欲にまみれた人間としては、柴田師の前に出るのが恥ずかしい限りだが、それも

また自分の生きてきた道だし、そんな自分を正してもらいたい気もする。

 

そして、自分の枕経を柴田師にお願いしてみるとするか。


続きを読む

2018.11.7

楠ワイナリー

もう11月、忘年会も近い

ということで、忘年会の準備としてワインの買い出しに行った。

 

会社から車で10分ほど走ると、なだらかで広大な傾斜地が広がってくる。

この果樹栽培には適した土地をしばらく行くと、楠ワイナリーがある。

 

ここのワインを選んだ理由は、会社から一番近いということと、もうひとつ

天才醸造家(になるかもしれない)コイズミ氏がいるからだ。

彼は、もと当社に勤めていた技術者で、故あって退社し、故あって楠ワイナリー

で仕事している。

ひと通り醸造所や樽の保管庫を案内していただき、数種類のワインを選んだ。

 

そして、彼が情熱を注いでいるぶどう畑へ

Ihatake66

ワイン用のぶどう畑をまじまじ見たのは初めてで、色々と説明を聞きながら

感心することしきりだった。

土と太陽と雨と、

そしてぶどうの樹と対話をしながら日々の作業をしていく。。。

まさに地球を相手にしている仕事だと思った。

jusunoki_5764

彼が精魂込めて栽培したワインをいただくのが今から楽しみだ。

 


続きを読む

2018.10.29

ドラフト2018

ドラフト会議前日はやはり、そわそわしてしまう、、、、

が、野球選手(であったオジサン)の常套句であった。

しかし今はプロ志望届を提出した選手から指名されるので、その手の軽口は叩け

ないとなっているので、いささか寂しい。


続きを読む

2018.10.1

ZEROへの道程 ー後藤医師ー

(毎月初めの ZEROへの道程;エピソード5 闘病)

 

国立がんセンター東病院

東京近郊とはいえ緑が多く、天気の良い日は公園のはるか先には富士山が見える。


続きを読む

2018.08.20

尾鼻春夫さん

2歳児の行方不明事件

難航した捜索に加わり、わずか数十分で発見したすごい人がいた。

 

発見したこと自体もすごいが、その生き方がすごい。


続きを読む

2018.04.25

墓碑銘 ー鉄人ー

私は野球をずーっとやってきた割には、野球に興味がないところがある。

 

好きなプロ野球チームは?と聞かれても特にないし

プロ野球選手と接する機会があってもサインを欲しいと思ったこともない。


続きを読む

2018.01.9

墓碑銘 ー夢ー

私も何度か見かけたことがあるが、サインをするのが嫌いな人であった。

それでもこの人のサインを欲しいという人は多く、側からみていて「怒り出し

はしないか」とハラハラしていたことを覚えている。

そのくらいそこにいるだけで怖い人だった。


続きを読む

2017.12.18

単騎

帝国ホテル

リッツカールトン

ニューオータニ

などなど日本を代表する高級ホテルの名を背負っている出場者の中に

長野駅前の雑居ビルの二階から単騎乗り込んだソムリエがいる。


続きを読む

2017.09.12

かけはし

知人のお祝いに出席した。

 

永年の国際交流事業への活動を評価されて長野県知事表彰を受けたとのこと。

はじめは5、6人でといっていたのが、仲間が仲間を誘い60人ほどで祝う会

を行った。


続きを読む