New entry

流れ

小布施見にマラソン2018

夏100回

暑中お見舞い

通信不良

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2018.07.17

小布施見にマラソン2018

全国的な猛暑のなか走った(歩いた)

 

朝6時のスタート時点で普通に暑くて、さてどこまで暑くなる事やら、

と思いつつ、走ったり歩いたりを繰り返して12km地点にさしかかると、

暑さ指数は29度を示し「走行中止」となった。

 

基本的には歩いたが、いつまでたってもゴールが近づかないので下り坂

を見つけてはちょこちょこ走った。

が18km手前で次は「運動中止」の表示が出て、大会スタッッフは

「大会中止!」と叫ぶ暑さとなった。(大会中止ではなかったはずだが)

さすがにあとはダラダラ歩くだけ。

 

時計もつけずに(タイムも計らずに)のんびり走った(歩いた)つもりだが

最後はやはりタイムが気になる

3時間51分(ネット3時間41分)

結構歩いた割にはまあまあのタイムではないか。

obuse2018G_5601はやし真

しかし、この体型の違いはなんだ。(2018と2013)

5年間ですっかりたるんでしまった。


続きを読む

2018.07.11

暑中お見舞い

♪暑中うーうーお見舞い 申しあげっますー♪

 

暑中お見舞い、とくればキャンディーズである。

 

実家に妙な「暑中お見舞い」が舞い込んだ。

Iさぎ587

母親から、こんなハガキが来たけど、、、と連絡をもらったので見てみれば、

である。

 

明らかに妙だということにすぐ気付く。

消費料金とはなんぞや、

契約会社もしくは運営会社側から?どっちかはっきりせよ、

民事訴訟裁判をハガキで知らせるのか?

これではまるで、暑中お見舞い程度のお便りではないか。。。。

 

しかし、80を超えた老人からすると

「随分しっかりとした内容で言ってくるんだねえ」

という風に捉えてしまう。

 

あぶないあぶない。

人ごとではないな。うちもいつかはやられるかもしれない。


続きを読む

2018.07.4

W杯 ベルギー戦

見ました。

ジムで1時間走り、カラカラに乾いた体にビールを一気飲みして、食事後

仕上げは日本酒1合。

酒の弱い私はこれでイチコロ、9時就寝、2時57分の目覚ましで起床

 

観戦、歓喜、呆然、敗退

 

起きてしまったことを批評するのは面白くないので、例の予言をしてみたい。

惜しかったなーベスト8まであと数十分、次の4年後こそベスト8だ!!!

 

とは思わない。

ベルギーや他の世界レベルとの差を身を以て経験することができたのは大きい

はずだが、その差を埋める道程はそう短時間ではできないと思う。

たとえば

身体能力の差を埋めるために、まずは小学生の段階から身長の高い子の発掘

育成を図っていく必要がある。

やがてその世代がユースから始まりJリーグ、海外クラブと進み、トップチーム

で国際試合に臨む。

そしてW杯の舞台で本気の勝負に挑み、負けて何が足りないかを学び、

次のW杯でその経験を生かして、なんとかベスト8に進出する、、、、

という長大なシナリオが必要だと思う。

 

つまり、真に日本がベスト8の実力がつくのは16年後、2034年のW杯まで

かかる、と予言する。

その頃にはこのブログでの検証もできないだろうけど。

 

2018年ワールドカップ ロシア大会

楽しませてもらった。

次の2022年カタール大会は、予選を全力で突破したのち、本大会は捨てて

若手に経験を積ませたい。


続きを読む

2018.07.2

ZEROへの道程 ー余命ー

2000年、平成12年の秋 10月11日

長野県知事選挙の真っ只中で、永年勤めた吉村牛良知事の絶対的後継者であった

池田副知事に対抗して、なんと田中康夫が立候補してきたそんな時だった。

 

久しぶりに東松山へ行き、わが社に修行にきていた若旦那とその家族と、

いつものように腹一杯焼き鳥を食べたあと、いつものようにもう一軒行き、

いつものように胃袋がはち切れそうになっている時だった。

 

いつもとは違い、当時の専務から電話があり、社長(親父)が24日から入院、

場合によっては手術だということだった。

それ以外の情報はどうやらなかったようで、いやな予感ばかりが頭の中をグルグル

まわり、10月24日入院の日となった。

 

診断は癌。

右の肺いっぱいにガンが広がっているということだった。

翌朝起きてみたら、昨日の出来事は夢だった、悪い夢をみたものだ、などど胸を

なで下ろしてみたかったのだが、当たり前のように昨日の出来事の続きの今日が

始まろうとしていた。

 

当時の心持ちを思い出してみると、まずこの時点で感じていたことは、

「本当にあの、林 襄が死んでしまうのであろうか」という疑問だった。

答えなど出ない疑問を、来る日も来る日も思っていたような気がする。

 

いや、本当は答えは医師から出ていた。

この状態の人が生きられる余命は、3ヶ月から6ヶ月とのことだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ZEROへの道程 エピソード5 闘病


続きを読む

2018.06.29

W杯 ポーランド戦

みました。

そして私の予言(4−2でポーランドの勝ち)は外れました。


続きを読む

2018.06.25

W杯 セネガル戦

見ました。

試合当日は、午後3時間ほど午睡をして万全の体制?で試合に臨んだ。

戦前の私の予言は「残り2戦連敗」ということでまんまと外れたことになる。

(まだまだ先の読み方=勝負勘というものが磨かれていないなあ)


続きを読む

2018.06.22

伊峡の指

長野駅前に用事があり、昼飯の店を探していると開店の花がある。

いきなりステーキ

のオープンらしい。


続きを読む

2018.06.20

W杯 コロンビア戦

やったー! 格上コロンビアに勝ったー!

ということでワールドカップが開幕している。


続きを読む

2018.06.11

大谷DL入り

華々しいデビューをした大谷選手

が突然DL入り(故障者リスト入り)になってしまった。

 

うーん、なかなかむつかしい。


続きを読む

2018.06.4

初戦敗退2018

来年も初戦敗退したときのために、題名に年号をいれて区別できるようにしておく

 

ということで、マスターズ甲子園長野県予選

初戦で私立強豪校対決を制した長野日大(長野中央)との初戦を、贅沢にも

夏の甲子園大会予選の決勝の舞台でもある松本市野球場にて行った。


続きを読む