New entry

流れ

小布施見にマラソン2018

夏100回

暑中お見舞い

通信不良

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2018.07.2

ZEROへの道程 ー余命ー

2000年、平成12年の秋 10月11日

長野県知事選挙の真っ只中で、永年勤めた吉村牛良知事の絶対的後継者であった

池田副知事に対抗して、なんと田中康夫が立候補してきたそんな時だった。

 

久しぶりに東松山へ行き、わが社に修行にきていた若旦那とその家族と、

いつものように腹一杯焼き鳥を食べたあと、いつものようにもう一軒行き、

いつものように胃袋がはち切れそうになっている時だった。

 

いつもとは違い、当時の専務から電話があり、社長(親父)が24日から入院、

場合によっては手術だということだった。

それ以外の情報はどうやらなかったようで、いやな予感ばかりが頭の中をグルグル

まわり、10月24日入院の日となった。

 

診断は癌。

右の肺いっぱいにガンが広がっているということだった。

翌朝起きてみたら、昨日の出来事は夢だった、悪い夢をみたものだ、などど胸を

なで下ろしてみたかったのだが、当たり前のように昨日の出来事の続きの今日が

始まろうとしていた。

 

当時の心持ちを思い出してみると、まずこの時点で感じていたことは、

「本当にあの、林 襄が死んでしまうのであろうか」という疑問だった。

答えなど出ない疑問を、来る日も来る日も思っていたような気がする。

 

いや、本当は答えは医師から出ていた。

この状態の人が生きられる余命は、3ヶ月から6ヶ月とのことだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ZEROへの道程 エピソード5 闘病


続きを読む

2018.06.1

ZEROへの道程  10月24日

平成12年10月24日 入院初日

 

特別室ベッド間に合わず

せまい部屋だが電話とTVがあるのでがまん


続きを読む

2018.05.16

スクラップブック

すでに死語かもしれない、

とヤングのよね子さん(23歳)やオカちゃんに尋ねたところ、その何たるかはさす

がに知っていた。

(質の悪い紙に新聞記事などを貼るやつ。ただし実物は見たことがないという)


続きを読む

2018.05.1

ZEROへの道程 ーJCその3ー

1996年日本青年会議所全国会員大会 長野大会

私の30歳の区切りの年でもあった。

 

そして40歳定年をもってJCを卒業した。


続きを読む

2018.04.2

ZEROへの道程 ーJCその2ー

JC(青年会議所)は日本国中、世界中に組織化されているが、とりわけ日本青年

会議所は熱い団体で、そんな熱い団体の活動の集大成が「全国会員大会」である。

(集大成=事業の成果発表+1年の総括+ご当地グルメ&大羽目外し宴会)


続きを読む

2018.03.30

おかしすぎる話

近隣の土建屋さんのブログで大流行りになっている

「おかしすぎる話シリーズ」

大学当時の懐かしい話に内心笑っている。

と、こっちの方も思い出したことがあったので便乗してみた。


続きを読む

2018.03.2

ZEROへの道程 ーJCー

JC(青年会議所)

ほど外からの眺めと内からの眺めが異なる団体もないだろう。

なので、JCのことをここに書いても??だろうが、自分への備忘録として書く。


続きを読む

2018.02.2

ZEROへの道程 ー羊飼いー

1992年(平成4年)10月 26歳 取締役 総務部副部長

(取締役で副部長とはなんぞや)

1994年(平成6年)11月 28歳 取締役 管理部部長


続きを読む

2018.01.4

ZEROへの道程  ー取締役ー

辞令第604号

林 宏道

平成4年(1992年)11月21日付をもって 取締役 総務部副部長を命ずる


続きを読む

2017.12.1

ZEROへの道程 ー レール ー

1992年4月 みすず工業 管理部総務課配属

 

電話恐怖症から始まり、お次は「吸い殻入れ」。

わずか数千円の吸い殻入れを購入するため、経理のおばちゃんに話しをするのに

心身を追い込まれるような思いだった。

(経理のおばちゃんはそのくらいすごい人だったとも言えるが)


続きを読む