New entry

視察研修2018

手帳2019

BONSAI便り1811

偉くなったシリーズ

楠ワイナリー

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2018.11.1

ZEROへの道程 ー藁ー

(ZEROへの道程 EPISODE5 闘病)

 

平成12年秋、父が余命3ヶ月の宣告を受けて

「藁をもすがる思い」

というやつを3回ほど試してみた。

 

1回目 セカンドオピニオン

すでに書いた

 

2回目 アガリスク

とある社長さんが持ってきてくれた。

きのこの濃縮エキス?みたいなもので、私も一度飲んでみたが超まずい

だが、これで良くなれば、と父は毎日飲んでいた。

 

3回目 マイクロ波

すでにガンの転移が進み、あとはその時を待つ段階

死の3週間ほど前だったが、最後のチャンスとばかりにマイクロ波治療で有名

な(多分)医者を紹介された。

まずはOリングでガンの場所を特定し(ほぼ当たっていたのは驚いた)

なにやら四角い箱のような物を体の前後にセットして、

ブーン、、、と機械音が何回かすると、

「はい、これでガンは消えました」

とのこと。

まったくもって、怪しい医者であった。

 

その帰り道

父は得意の「予言」を言い始めた。

(4歳の)のえ、はまあ普通の人生かな、

(1歳の)あつきは、まだわからないなあ、

二人とも、どんな人生を歩むんだろうね、、、、

 

さぞかし、その目で孫の成長を見たかったであろうことが

言葉ににじみ出ていた。

野球に夢中になる娘を、野球に打ち込む息子の姿をみせてやりたかった。

さぞかし喜んだことだろう。。。


続きを読む

2018.10.1

ZEROへの道程 ー後藤医師ー

(毎月初めの ZEROへの道程;エピソード5 闘病)

 

国立がんセンター東病院

東京近郊とはいえ緑が多く、天気の良い日は公園のはるか先には富士山が見える。


続きを読む

2018.09.3

ZEROへの道程 ー選択ー

病気の判断において、セカンドオピニオンがいかに大切か、

一番大きな人を失って学んだ。


続きを読む

2018.08.1

ZEROへの道程 ー世間話ー

父、林襄と私の親子関係は少々いびつ?いや異常な状態だったと言える。

父親と「世間話し」をしたことがなかったのだから。


続きを読む

2018.07.2

ZEROへの道程 ー余命ー

2000年、平成12年の秋 10月11日

長野県知事選挙の真っ只中で、永年勤めた吉村牛良知事の絶対的後継者であった

池田副知事に対抗して、なんと田中康夫が立候補してきたそんな時だった。


続きを読む

2018.06.1

ZEROへの道程  10月24日

平成12年10月24日 入院初日

 

特別室ベッド間に合わず

せまい部屋だが電話とTVがあるのでがまん


続きを読む

2018.05.16

スクラップブック

すでに死語かもしれない、

とヤングのよね子さん(23歳)やオカちゃんに尋ねたところ、その何たるかはさす

がに知っていた。

(質の悪い紙に新聞記事などを貼るやつ。ただし実物は見たことがないという)


続きを読む

2018.05.1

ZEROへの道程 ーJCその3ー

1996年日本青年会議所全国会員大会 長野大会

私の30歳の区切りの年でもあった。

 

そして40歳定年をもってJCを卒業した。


続きを読む

2018.04.2

ZEROへの道程 ーJCその2ー

JC(青年会議所)は日本国中、世界中に組織化されているが、とりわけ日本青年

会議所は熱い団体で、そんな熱い団体の活動の集大成が「全国会員大会」である。

(集大成=事業の成果発表+1年の総括+ご当地グルメ&大羽目外し宴会)


続きを読む

2018.03.30

おかしすぎる話

近隣の土建屋さんのブログで大流行りになっている

「おかしすぎる話シリーズ」

大学当時の懐かしい話に内心笑っている。

と、こっちの方も思い出したことがあったので便乗してみた。


続きを読む