New entry

BS通信1809 訂正

ONE SHOT

BONSAI通信1809

生き方 (歌手、女優)

高校の名前

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2018.09.3

ZEROへの道程 ー選択ー

病気の判断において、セカンドオピニオンがいかに大切か、

一番大きな人を失って学んだ。

 

そもそもヘビースモーカーだった父は咳き込むことが常だったのだが、ある時から

あまりにも咳き込みがひどくて友人であるかかりつけの町医者に診察を受けていた。

町医者曰く、

「レントゲンを撮って経過を観察しているが、肺がんなどではない」

との見立てだった。

が、咳き込みは一層ひどくなり10月に市民病院へ行ったときには手遅れだった。

 

そこで、今後3回ほどすることになる「藁をもすがる思い」で国立がんセンターに

セカンドオピニオンを求めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成12年11月7日

宏道、東京がんセンターへ平井先生の診断書を持って行く、8日には方向性が出

るかな。

長野から離れてがんセンターへ行くとなれば、少しは周りの人への迷惑も少なく

なるかなと思う。

特に女房は大変だと思う、俺より病気にでもなられたら大変。

○ただときどき顔見知りと心の交わった話しができなくなることは寂しい

○万が一長野へ帰って来れないときサヨナラと言っておきたい人に言いそびれるの

が残念だなー

 

本心

東京で死を迎えるより、愛着のあるこの故郷、長野の地で死ねればと思う。

人々の善意をまず受けとめて行こう。

何の不安も未練もないのが不思議

その時がより近く現実的になれば変化があるのかなー

 

自分の人生の終わりが近づいている実感はほとんどない

これは何だろう

精一杯生きてきた自負なんだろうか、全く以前と同じ毎日が過ぎていく。

唯、自分が生きてきた過去を一切後悔せず来るべき死を淡々と迎えるであろう。

何かそのときを楽しく期待しながら待っている自分が不思議でならない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

林襄の日記 まま

 

そして、平成12年11月14日 転院

国立がんセンターでの治療が始まった。


続きを読む

2018.08.1

ZEROへの道程 ー世間話ー

父、林襄と私の親子関係は少々いびつ?いや異常な状態だったと言える。

父親と「世間話し」をしたことがなかったのだから。


続きを読む

2018.07.2

ZEROへの道程 ー余命ー

2000年、平成12年の秋 10月11日

長野県知事選挙の真っ只中で、永年勤めた吉村牛良知事の絶対的後継者であった

池田副知事に対抗して、なんと田中康夫が立候補してきたそんな時だった。


続きを読む

2018.06.1

ZEROへの道程  10月24日

平成12年10月24日 入院初日

 

特別室ベッド間に合わず

せまい部屋だが電話とTVがあるのでがまん


続きを読む

2018.05.16

スクラップブック

すでに死語かもしれない、

とヤングのよね子さん(23歳)やオカちゃんに尋ねたところ、その何たるかはさす

がに知っていた。

(質の悪い紙に新聞記事などを貼るやつ。ただし実物は見たことがないという)


続きを読む

2018.05.1

ZEROへの道程 ーJCその3ー

1996年日本青年会議所全国会員大会 長野大会

私の30歳の区切りの年でもあった。

 

そして40歳定年をもってJCを卒業した。


続きを読む

2018.04.2

ZEROへの道程 ーJCその2ー

JC(青年会議所)は日本国中、世界中に組織化されているが、とりわけ日本青年

会議所は熱い団体で、そんな熱い団体の活動の集大成が「全国会員大会」である。

(集大成=事業の成果発表+1年の総括+ご当地グルメ&大羽目外し宴会)


続きを読む

2018.03.30

おかしすぎる話

近隣の土建屋さんのブログで大流行りになっている

「おかしすぎる話シリーズ」

大学当時の懐かしい話に内心笑っている。

と、こっちの方も思い出したことがあったので便乗してみた。


続きを読む

2018.03.2

ZEROへの道程 ーJCー

JC(青年会議所)

ほど外からの眺めと内からの眺めが異なる団体もないだろう。

なので、JCのことをここに書いても??だろうが、自分への備忘録として書く。


続きを読む

2018.02.2

ZEROへの道程 ー羊飼いー

1992年(平成4年)10月 26歳 取締役 総務部副部長

(取締役で副部長とはなんぞや)

1994年(平成6年)11月 28歳 取締役 管理部部長


続きを読む