New entry

杉野正講演録

第6回通常総会

スクラップブック

日光浴

人間DOC 2018

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2018.05.16

スクラップブック

すでに死語かもしれない、

とヤングのよね子さん(23歳)やオカちゃんに尋ねたところ、その何たるかはさす

がに知っていた。

(質の悪い紙に新聞記事などを貼るやつ。ただし実物は見たことがないという)

 

先日から会社の古い資料を整理していてスクラップブックにたどり着いた。

すくらぷy5497

昭和48年 先代の林襄を紹介した記事である。

当時のみすず工業は創業5年で、長野市公衆トイレや家庭ゴミ収集を細々とやって

いた頃であった。

が、社長の林襄は会社の規模(業績も)とは関係なく「立志伝中の人物」的に

もてはやされていたらしく、よく取材も受けていたので残っている記事も多い。

 

その記事を読んでいると

「資源不足といいながら、資源の循環活用をだれも真剣に研究しない」

「いまに銀座も戸隠の山も同じ『日本都市』になる時代がくる。ゴミ処理の難しさ

は今とは比べものにならないぐらいになる」

など述べている。

 

今の時代を見通した先見の明といっていいだろう。

ただし、やりたいことが多すぎた林襄社長は、その後様々な事業に手を出し、かなり

回り道をすることとなったのである。

 

息子のわたしからすれば、それがわかっていたのならその道一本で進んでくれれば

今頃は、、、

などと思うのだが、アフターパーティーである。

いや、

資源循環、廃棄物の処理はこの先も人類が避けて通れない重要なテーマであり続ける

だろうから、まだ遅くはない。

 

さて、埋もれていたスクラップブックを披露することができのたので整理するとするか。


続きを読む

2018.05.1

ZEROへの道程 ーJCその3ー

1996年日本青年会議所全国会員大会 長野大会

私の30歳の区切りの年でもあった。

 

そして40歳定年をもってJCを卒業した。

 

 

JCは是か非か

その答えは両方だと思う。

JC在籍14年半、多くの時間とお金をつぎ込んできた。

が、直接取引きににつながって売り上げが上がったわけではない。(もちろん

ゼロではないが)

やっていることといえば、会社の事業とは関係のない、まちづくりや人づくり

の事業。

しかも大量の宴会。

(宴会の場面だけは外部との接触があるので、なにを騒いでいるんだ、となる

のだろう)

 

でも、多くの時間をつぎ込んだ分、大酒を飲んだ分人との関わり合いが濃く

深く、人間のいいところも悪いところもいっぱい見ることができた。

(すこし斜めに構えていたぶん、その辺りをよく観察することができたのかもし

れない。)

 

また、事を成すときに肝心なこと、目的であったり目標であったり具体的な行動

であったりの積み重ねがいかに大切であるかを学んだ。

なので、時間とお金はいっぱい使って損をしたかもしれないが、その損を一生に

わたって取り返すことができると思っている。

 

今はいないとある役員に「うつつをぬかしている」といわれながらもJCをやり抜

いたことは私の人生の大きな宝となった。

 

しかし、そのJCで活動中、40歳を迎えるまえに人生最大の転機が訪れた。

 

エピソード4 就職  了

 


続きを読む

2018.04.2

ZEROへの道程 ーJCその2ー

JC(青年会議所)は日本国中、世界中に組織化されているが、とりわけ日本青年

会議所は熱い団体で、そんな熱い団体の活動の集大成が「全国会員大会」である。

(集大成=事業の成果発表+1年の総括+ご当地グルメ&大羽目外し宴会)


続きを読む

2018.03.30

おかしすぎる話

近隣の土建屋さんのブログで大流行りになっている

「おかしすぎる話シリーズ」

大学当時の懐かしい話に内心笑っている。

と、こっちの方も思い出したことがあったので便乗してみた。


続きを読む

2018.03.2

ZEROへの道程 ーJCー

JC(青年会議所)

ほど外からの眺めと内からの眺めが異なる団体もないだろう。

なので、JCのことをここに書いても??だろうが、自分への備忘録として書く。


続きを読む

2018.02.2

ZEROへの道程 ー羊飼いー

1992年(平成4年)10月 26歳 取締役 総務部副部長

(取締役で副部長とはなんぞや)

1994年(平成6年)11月 28歳 取締役 管理部部長


続きを読む

2018.01.4

ZEROへの道程  ー取締役ー

辞令第604号

林 宏道

平成4年(1992年)11月21日付をもって 取締役 総務部副部長を命ずる


続きを読む

2017.12.1

ZEROへの道程 ー レール ー

1992年4月 みすず工業 管理部総務課配属

 

電話恐怖症から始まり、お次は「吸い殻入れ」。

わずか数千円の吸い殻入れを購入するため、経理のおばちゃんに話しをするのに

心身を追い込まれるような思いだった。

(経理のおばちゃんはそのくらいすごい人だったとも言えるが)


続きを読む

2017.11.2

ZEROへの道程 ー総務ー

平成2年 1990年

みすず工業での社会人としての門出。


続きを読む

2017.10.2

ZEROへの道程 ー始末書ー

イコールゼロの数ある書類のなかで、始末書を綴ったファイルの栄光の一枚目を飾るの

は林くんである。


続きを読む